東京にしがわ大学のメンバーたち(第4回目) | 東京ウェッサイ

試験もなくて、校舎もなくて、特定の先生もいない。街全体をキャンパスにし、授業は生徒自身がつくり、誰でも参加ができる。そんな、不思議だけどおもしろい「場」が人をつなげ、輪を広げ、心地良いコミュニティができてくる。東京にしがわ大学はそんなところです。

多様なかたちの「東京にしがわ大学」。もちろんメンバーも、デザイナー、家具職人、ライター、会社員、クリエイターなどなど実に多様です。今回はその一人、立川の映画館で働く女性が登場します。生活のかたちはそれぞれですが、ひとつの想いで立ち上げつつある「東京にしがわ大学」を、それぞれの目線でご紹介します!

ゲスト 古川ゆかり

古川 ゆかり

古川ゆかり Yukari Furukawa
東京にしがわ大学 職員

八戸市生まれ。進学を機に東京の“にしがわ”に進出!?今はなき西立川にあった短大を卒業後、立川の映画館シネマシティに在職中。青森という究極の田舎でご近所付き合いや町の人々とのつながりにどっぷり浸かってきた身として、初めての東京暮らしが、温かい雰囲気の“にしがわ”だったのは幸運でした。自然があり、街があり、いい映画館もあり、素敵な人々が集う地域。でも、まだまだ知られていない“東京にしがわ”の底知れぬ魅力を発見できる機会では?と好奇心を触発されて「東京にしがわ大学」活動に参加中。