饗庭 伸(首都大学東京 准教授) | 東京ウェッサイ

饗庭伸 Shin Aiba
首都大学東京都市環境学部准教授

1971年兵庫県西宮市生まれ。八王子在勤在住。早稲田大学建築学科卒業後、川崎市の非常勤の研究員、横浜にあるNPOの中間支援組織「アリスセンター」の理事長などを経て現職。都市をフィールドに、目に見えるもの、見えないものを含めて何をどこまで「デザインできるかな」というところに興味がある。最近は、西田司さんと恊働しての「ゴカマチイエプロジェクト(茨城県にあるサイトを改築&自力建設しながら様々なモノとコトをつなぐ拠点をつくるプロジェクト)」商店街の「まちづかい」を仕掛ける「大森山王プロジェクト」、川崎で市民とヒートアイランドの現状を調べて地球環境時代の都市空間のあり方を考える「高津ヒートアイランドプロジェクト」、東アジアの「まちづくり」の研究者や実践家をネットワークする「ASCOM」プロジェクト、市民と一緒に災害復興に備える「震災復興模擬訓練」、都市空間の画像をアーカイブする「都市空間の定点観測」、かわったところでは、地方議会の議会改革を仕掛ける市民運動などを展開中。

今回のゲストは、首都大学東京准教授の饗庭伸(アイバシン)さん。

専門は都市計画やまちづくり。饗庭さんとその研究室の活動は、都市のあちこちで実践的なプロジェクトを立ち上げ、まちづくりに役立つ技術開発を行っています饗庭さんによるとまちづくりの技術には大きく三つのカテゴリー:コミュニケーションや情報のデザイン技術、組織化(オーガナイズ)の技術、システム化の技術があります。
(続きを読む...)

饗庭伸/首都大学東京

@shinaiba

現在地:東京都八王子市

Web:http://t.co/6sJzZ5tvff

2017/10/23 07:43

RT @ryuji_fujimura: 本日19:00より青山ブックセンターにて403dajibaとモクチン連のトークバトルがあるのだが思うように申し込みが集まっていない件。若手なのに人気ないのでは。司会のせい? https://t.co/ZVBB8bOWug

2017/10/18 10:45

急逝した先輩と最後のお別れ。3回列に並んで、3回顔を見てお別れして、すこし整理がつきました。20年くらい前に、私の仕事のとても嬉しいところを褒めてくださった方。百戦錬磨のコンサルさんから褒めていただいたことは本当に励みになりました。お世話になりました。

2017/10/17 02:57

おしらせ:「社会運動」の10月号は「特集:空き家で街を元気に―困った住宅・店舗の活用方法」。饗庭もインタビューいただきました。なかなか充実した、生活クラブらしい、知恵の詰まった特集です。近所のデポーに持っていって自慢しようかなあ。 https://t.co/rStb1kBjOF