企業とデザイナーのきもちいい関係とは? | 東京ウェッサイ

立川にある印刷加工会社の福永紙工の代表 山田明良さんは、中央線デザイン倶楽部の一員として、メンバーといっしょに「かみの工作所」を立ち上げました。デザイナーと印刷会社が共同することで広がる可能性について、その体験をもとに、具体的なペーパープロダクトのことも含めて、これまでの経緯や現状のお話をしていただきます。

企業と中央線デザイン倶楽部の気持ちのいい関係をお聞きします!

ゲスト 山田明良


「かみの工作所」は、6/2(水)・3(木)・4(金)に開催される「国際見本市インテリアライフスタイル」へ今年も出展いたします。

進化し続ける「かみの工作所」。印刷加工工場とさまざまなデザイナーとの出会いから生まれるかみの道具たち。その可能性は、無限大。今年も、「器」「ノート」「祝儀袋」など思いがけない発想のデザイン性に優れたかみの道具を発表します。ぜひ、手にとって、その質感と使い心地を楽しんでいただければ幸いです。

・会期:2010年6月2日(水)〜6月4日(金)
10:00〜18:00(最終日は16:30まで)
・Booth no.1F West Hall 2 18-01
・会場:東京ビックサイト
http://www.bigsight.jp/index.html
・入場料:無料(招待状持参者および事前登録者は無料)

国際見本市インテリアライフスタイル 公式ホームページ
http://www.interior-lifestyle.com/

参加デザイナー:EDU、大治将典、オオノ・マユミ、大友 学、折形デザイン研究所、梶本博司、寺田尚樹、トラフ建築設計事務所、DRILL DESIGN、NIIMI、藤森 泰司、三浦秀彦、三星安澄、ミリメーター

会場構成:トラフ建築設計事務所

グラフィックデザイン:三星安澄

山田 明良

山田 明良 Yamada Akiyoshi
福永紙工株式会社 代表取締役

1962年愛知県生まれ。アパレル商社を経て現職に至る。ものづくりの会社としてデザインとの関わりを模索。立川にある福永紙工は、主にパッケージに代表される厚紙の印刷・加工を得意とする製造工場。萩原修氏、三星安澄氏との出会いから「かみの工作所」を立ち上げる。

福永紙工株式会社 http://www.kaminokousakujo.jp/

Good Comment Award Nominate

印刷所の現場の人間も、デザイナーと関わることで「こんなことが出来るんだ!」とわかったら、楽しくなってきたようです。

研究室においてある、かみの工作所のINVITATIONが素敵なんです。国際見本市いかねば!「企業とデザイナーのきもちいい関係とは?」 http://bit.ly/9WsRz0 #tokyo_ws

ニシヤマトメ子

2010/05/27 09:28