心と体が喜ぶアロマセラピーで幸せな毎日を | 東京ウェッサイ

10代の頃フランス人医師からアロマセラピーを教わり、風邪の初期症状、頭痛、腹痛、歯痛、肩こり、むくみ、冷え、やけど、ねんざ、不眠、ホルモンバランスの乱れ、肌荒れなどの心身のプチ不調に対してアロマセラピーを活用してきました。

まるで薬のよう、とよく言われますが、フランスではアロマセラピーはそもそも医療として発展して来た歴史があります。
今でも民間療法として行われており、町の薬局に行くと大衆薬と並んでエッセンシャルオイルが販売されています。
薬剤師がアドバイスするだけではなく、医師がアロマセラピーで治療を行うこともあります。

特に、病院に行くほどではない心身の不調にアロマセラピーは有効で、ひとつのエッセンシャルオイルを「塗る、嗅ぐ、吸い込む、飲む」などその時々にふさわしい方法で用い、美容・癒し・ヘルスケアにと活用することができます。

例えば、ラベンダーのエッセンシャルオイルはアロマセラピーにおいて「万能薬」といわれていて、火傷、ニキビ、打ち身や捻挫などに効果的です。また、青みがかったフローラル調の香りは、母性の象徴とも言われ、リラックス効果が高く、緊張や不安、いら立ちを鎮めてくれる作用もあります。

ペパーミントは抗菌効果、解熱効果、鎮痛効果などがありますが、強い清涼感のあるシャープな香りは、心を引き締め、強くし、自分らしいユーモアを取り戻す香りとも言われています。

さらに、自然の植物が織りなす良い香りは、人と人のコミュニケーションを円滑にしてくれるので、色々な意味で暮らしを豊かにしてくれるのです。

こんな頼もしいオイルの活用法を、もっと多くの人に伝えたい。
心と体が喜ぶアロマセラピーで幸せな毎日を送る人が増えるといいな。

そんな思いを込めて、プロから初心者までを対象に、セミナーやワークショップの開催をメインに活動しています。

黒塚 みやこ(アロマ塾ディレクター)

黒塚 みやこ Kurotsuka Miyako
アロマ塾ディレクター
メディカルアロマコーディネーター

神奈川県生まれ。
高校時代にフランスの医師・薬剤師が提唱するアロマセラピーに出会う。
以来、日常生活におけるマイナートラブルは、おおむねアロマセラピーでケアし、正統なエッセンシャルオイルのもたらす素晴らしい効果を体得する。
アロマセラピーを医療現場で活用しているフランス人医師によるセミナー修了後、医師・薬剤師・研究者・セラピストらと交流しながらアロマセラピーにまつわる様々な仕事に従事。
医療従事者やアロマインストラクターのためのセミナープロデュースや講師を勤める他、書籍の企画編集、プロダクト開発、香りの空間演出など、アロマセラピーの普及に努める。

2012年1月より、フランスの製薬メーカーによるアロマセラピーのガイドラインをベースとした、本格的で安全なアロマセラピーを気軽に学べる場をつくるために、移動式アロマ教室「Aroma tables」を立ち上げる。都内レストラン、カルチャースクールなどで展開中。

[アロマ塾]
http://soryusha.com/aj/
[Aroma tables]
http://aromatables.com/

FMたちかわ:東京ウェッサイやっているよー!サイマルラジオで聞いてね。>心と体が喜ぶアロマセラピーで幸せな毎日を http://t.co/gFSu9YQe

東儀 裕子

2012/08/25 17:06

心と体が喜ぶアロマセラピーで幸せな毎日を http://t.co/T5HeFAZh

東京ウェッサイ

2012/08/23 22:36