体験型環境教育プロジェクト「それいけ!たまレンジャー!!」とは? | 東京ウェッサイ

今回のゲストは、明星大学教育学部子ども臨床コース2年生の三浦絢佳さん。三浦さんは、社団法人 学術・文化・産業ネットワーク多摩により設立された、小学生向け環境教育プログラムの企画運営を行う学生委員会の広報担当を務めています。次世代を担う学生たちが、試行錯誤を繰り返しながら多摩地域の活性化、また環境問題について考える環境教育プロジェクトの一環として年に2回開催する体験型環境教育プロジェクト「それいけ!たまレンジャー!!」についてお話いただきます。

第8回となる昨年のイベントのテーマは、”環境・支援・交流”。そして、今年の冬は”星空から地球環境を学ぼう”、特に光害にスポットを当てて小学生たちと勉強します。実施のために学生委員会のメンバーが、プラネタリウムやJAXAへ行き内容の研究を進めています。そして、冬のイベントのもう1つの目玉が、復興応援ケナフメッセージを1311枚集め、大きなモザイク画を作ることです。これまでに、日テレベレーザ、アーセナルレディースFC、東京ヴェルディ、FC町田ゼルビア、FC東京のみなさんにご協力いただきました。メッセージは、まだまだ足りません!ぜひ多くの方にご協力いただきたいです。

たまレンジャー冬のテーマは「星空から地球環境を学ぼう」です。近年、環境変化により夜空からは星が姿を消してしまっています……。
この現象は多数の要因が考えられますが、今回は「光害」にスポットをあてて小学生のみなさんと勉強していきたいと考えています。

同時に夏のたまレンジャーから始まった東日本被災地復興応援プロジェクト「ケナフdeモザイクアート」も、この日完成させます。
多摩地域から集められた1,311枚の心のこもったメッセージ、これらが1枚の大きなモザイク画をかたち作ります。

9回たまレンジャーは現在、参加小学生を大募集中です!!みなさんの参加を心よりお待ちしています♪また、ボランティアとして当日の運営に携わっていただける大学生も募集しています。
以下の要項をお読みの上、お申込みください!

たまレンジャー詳細情報
◆日時 2012年2月25日(土) 13:00~16:00
◆会場 国営昭和記念公園 花みどり文化センター ◆内容
◇みる つくる かんがえる ほしぞら環境教室
夜、星が見えないのはどうしてだろう?
それにはいろんな理由が関係しているんだ。
きれいな星が見られるように、お兄さんお姉さんと一緒に
みんなができることを考えていこう!
星を見つけるのに便利な「星座早見表」もつくるよ!
◇ケナフdeモザイクアート
みんなで集めたメッセージで大きなモザイク画を完成させるよ!
ひさいちへみんなの元気を届けよう!
◇たくさん友達をつくろう!交流ミニゲーム
小学生から大学生まで、楽しいゲームでなかよしになろう!

三浦 絢佳(ネットワーク多摩学生委員会)

三浦 絢佳 Miura Ayaka
明星大学 教育学部 教育学科 子ども臨床コース 3年
学生委員会 広報局長

広報局長を務める上で多摩地域の様々な人との出会いを通して、沢山の刺激を受けて、日々、自分自身が成長していることを実感しています。
学生委員会では、どんなときもメンバーを包み、常にムードメーカー的な存在でいたいと考えています。
現在、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士免許取得を目指して、努力中。将来は、小学校教諭になり、常にキラキラしている子どもたちのアイドルになります。
趣味は、茶道、生け花、着付けと、日本文化が大好きです。

RT @gakusei_iinkai: FMたちかわ こちら立川経済新聞です 【体験型環境教育プロジェクト「それいけ!たまレンジャー!!」とは?】 http://t.co/KwOzcPiX

2012/01/30 12:50

FMたちかわ こちら立川経済新聞です 【体験型環境教育プロジェクト「それいけ!たまレンジャー!!」とは?】 http://t.co/6PP2Zboz

2012/01/30 12:00

体験型環境教育プロジェクト「それいけ!たまレンジャー!!」とは? http://t.co/6Uraa59k

クラウドカフェ

2012/01/28 14:34